伊藤 亜記(いとう・あき)
役職 株式会社ねこの手代表取締役
介護コンサルタント
プロフィール
短大卒業後、出版会社へ入社。
祖父母の介護と看取りの経験を機に、社会人入学にて福祉の勉強を始める。
1998年、介護福祉士の資格を取得。老人保健施設で介護職を経験し、ケアハウスで介護相談員兼施設長代行を務める。
その後、大手介護関連会社の支店長を経て、「ねこの手」を設立。
現在は、旅行介助サービスや国内外の介護施設見学ツアーの企画、介護相談、介護冊子制作、介護雑誌の監修や本の出筆、セミナー講師、TVコメンテーター、介護事業所の運営・営業サポートなど、精力的に活躍中である。

2007年7月に発売された『添削式介護記録の書き方』(ひかりのくに)は、15刷となり、介護業界の書籍や雑誌販売が難しい中で、19,000部を突破するベストセラーとなる。
また、2011年12月発売の『介護ビジネスの顧客獲得&人材育成』(綜合ユニコム)も増刷。
2012年9月には『おはよう21 2012年10月号増刊 赤ペン添削でレベルアップ!
『介護記録の書き方講座』(中央法規)、同年11月に『実地指導監査対応~適正運営・整備のポイント~』(日総研出版)が発刊し、2013年も新刊を多数出版している。

一方で、医療・福祉法人の顧問や役員も多数務め、2010年4月に子どもゆめ基金開発委員、2012年9月に株式会社ゲストハウス役員に就任している。