宇都宮 宏子(うつのみや・ひろこ)
役職 宇都宮宏子オフィス代表
京都大学医学部人間健康科学学科非常勤講師
聖路加国際医療大学臨床教授
京都府看護協会担当委員(認知症サポートナース・退院支援・看取り支援人材養成研修等)
東京都看護協会 退院支援強化・在宅医療コーディネーター養成研修委員等
プロフィール
★略歴★
1959年福井出身
1980年 京都大学医療技術短期大学部 看護学科卒業
医療機関で看護師として勤務、高松の病院で訪問看護経験し在宅ケアの世界に入る
1992年、京都の訪問看護ステーションで勤務、介護保険制度創設時、ケアマネジャー・在宅サービスの管理・指導の立場で働きながら、病院から在宅に向けた専門的な介入の必要性を感じ
2002年、京大病院で「退院調整看護師」として活動
2012年4月より、『在宅ケア移行支援研究所』起業独立
医療機関の在宅移行支援、地域の医療介護連携推進、在宅医療推進事業研修・コンサルテーションを中心に活動
【その他の活動】
●京都大学医学部人間健康科学学科非常勤講師●聖路加国際医療大学臨床教授
●京都府看護協会担当委員(認知症サポートナース・退院支援・看取り支援人材養成研修等)
●東京都看護協会 退院支援強化・在宅医療コーディネーター養成研修委員等
●セコム医療システム(株)退院支援・在宅事業担当
●京都ACP看護研究会●京都式認知症ケアを考えるつどい実行委員
●聖路加国際大学教育センター「退院調整看護師養成プログラムと活動支援」事業メンバー
【主な書籍】編著・共著
●「チームで行う退院支援」中央法規 共著  2008年8月
●「退院支援実践ナビ」医学書院 2011年3月
●「これからの退院支援・退院調整」日看協出版会 2011年4月
●「退院支援・退院調整ステップアップQ&A」日看協出版会 2012年5月
●「看護がつながる在宅療養支援」日看協出版会2014年6月
●退院支援ガイドブック~「これまでの暮らし」「そしてこれから」をみすえて関わる