田中 マキ子(たなか・まきこ)
役職 山口県立大学看護栄養学部看護学科 学部長
山口県立大学大学院健康福祉学研究科博士前期・後期課程 教授
プロフィール
山口県立大学看護栄養学部 学部長
山口県立大学大学院健康福祉学研究科博士前期・後期課程 教授

 1983年3月山口大学医療技術短期大学部看護学科卒業後、臨床経験4年を経て、看護学校教員となる。その後、母校である山口大学医療技術短期大学部に帰り助手を勤めた。その間、佛教大学通信教育部社会学部社会学科に編入し、学士を取得。看護の世界に起こる諸現象を社会学的視点から分析することに興味が湧き、山口大学大学院教育学研究科に進学し、修士の学位を取得した。その後、九州大学大学院比較社会文化研究科後期博士課程に進学、1999年3月博士号を取得する。
 1996年4月から山口県立大学看護学部に着任し、老年看護学領域において教育と研究に従事している。

<研究テーマ及び活動状況>
 看護労働過程にある諸問題を、社会学的視点及び手法を用いて調査研究を行っている。また、高齢社会という時代状況を受けて、高齢社会にマッチする医療の在り方やサービス展開について、さらには家族の在り方等にも最近は考察を深めている。
この他、褥瘡ケアにも研究活動を広め、物品開発から褥瘡予防のためのポジショニングケアについて検討している。
 分野としては広がりを持つように受け取られるが、活動の主は、看護師の専門性を明らかにするための研究や社会活動である。

<専門分野>
老年看護学、保健医療社会学、創傷ケア学

<社会的活動等>
山口県国保連合会保健活動推進委員会委員
山口地方労働審議会委員 他
2006年10月-2016年9月  山口県男女共同参画審議会会長
1999年12月 山口県立大学桜圃学術三賞 保健福祉賞受賞
2004年3月 老年研究頴原賞受賞
2011年12月 山口県立大学桜圃学術三賞 研究賞受賞

<学会活動>
日本創傷・オストミー・失禁管理学会理事
日本褥瘡学会評議員 日本看護科学学会代議員
日本看護研究学会評議員 日本保健医療社会学会評議員
看護理工学会評議員

<主な著書等一覧>
・川本利恵子編著「看護実践コミュニケーション」廣川書店(共著) 1993年
・氏家幸子監修「成人看護学、G:成人看護技術1-フィジカルアセスメント-」廣川書店 1999年
・氏家幸子監修「成人看護学、D:リハビリテーション患者の看護」廣川書店 1999
・田中マキ子「看護プロフェッション」社会分析25:73-86 1997年
・田中マキ子編著「実践に活かす褥瘡ケアガイドブック」日総研出版 2003年
・大浦武彦・田中マキ子編集「TIMEの視点による褥瘡ケア-創床環境調整理論に基づくアプローチ」学研 2004年
・田中マキ子「看護教育の病理-バーンアウト再生産のしくみ-」多賀出版 2005年
・田中マキ子編著「老年看護学」医学芸術社 2006年
・田中マキ子編著「褥瘡予防のためのポジショニング」中山書店2006年
・田中マキ子、中村義徳編著「手術患者のためのポジショニング」中山書店 2007年
・田中マキ子「褥瘡の予防とケア」(泉キヨ子他編集「根拠がわかる 老年看護技術」)メヂカルフレンド社 2008年
・田中マキ子監修「事例で学ぶ褥瘡トータルアセスメント-TIMEコンセプトとDESIGN-Rのコラボレーション-」学研  2009年
・田中マキ子、下元圭子編著「在宅ケアに活かせる 褥瘡予防のためのポジショニング-やさしい動きと姿勢のつくり方-」中山書店 2009年
・田中マキ子著「らくらく&シンプル ポジショニング」中山書店 2010年
・田中マキ子他編著「WOCナース実践! 必ず見つかる! ポジショニングのコツ」中山書店 2011年
・田中マキ子他編著「症状・状況別 ポジショニングガイド」中山書店 2012年
・田中マキ子他編著「ポジショニング学」中山書店 2013年
・田中マキ子編著「深化したTIMEによる褥瘡ケーススタディ」照林社 2013年
・田中マキ子編著「日常ケア場面でのポジショニング」照林社 2014年