沼野 尚美(ぬまの・なおみ)
役職 宝塚市立病院緩和ケア病棟チャプレン・カウンセラー
プロフィール
●学歴
武庫川女子大学薬学部卒業
神戸ルーテル神学校修士課程修了(神学修士号取得)
米国ゴンザガ大学宗教部宣教コース修了
ケンシントン大学大学院 行動科学研究科修士課程修了
(心理学・カウンセリング修士号取得)
●経歴
病院薬剤師から病院チャプレン、カウンセラーに転職。
淀川キリスト教病院、姫路聖マリア病院、日本バプテスト病院などを経て、現在、宝塚市立病院緩和ケア病棟、神戸中央病院、国保中央病院緩和ケアホームなどにて、チャプレンとカウンセラーを兼職。京都ノートルダム女子大学非常勤講師。
30年前より、現在にいたるまで9つのホスピスで勤務し、3,000人以上の方々の生と死に関わってきた。専門はがん患者とその家族の精神的援助と宗教的援助。
●著書
『癒されて旅立ちたい -ホスピスチャプレン物語-』(佼成出版社)
『共に生きる道 -ホスピスチャプレン物語-』(佼成出版社)
『いのちと家族の絆 -がん家族のこころの風景-』(明石書店)
『満足して死に逝く為に -ホスピスチャプレンが見た「老い」の叫び-』(佼成出版社)
『生と死を抱きしめて -ホスピスのがん患者さんが教えてくれた生きる意味-』(明石書店)