黒丸 尊治(くろまる・たかはる)
役職 彦根市立病院緩和ケア科部長
医師
プロフィール
信州大学医学部卒。
徳洲会野崎病院にて、内科、外科、産婦人科、小児科の研修をした後、1990年4月より関西医科大学心療内科に入局。
九州大学心療内科、洛和会音羽病院心療内科を経て、2002年11月より彦根市立病院緩和ケア科部長となり現在に至る。

「希望」が持てる緩和医療をモットーに日々の臨床に取り組む一方、一般のがん患者を対象とした「がんストレス外来」も行っている。
また、心の治癒力をうまく引きだすコミュニケーション法の啓蒙、普及にも精力的に取り組んでおり、現在、東京および京都で定期的にホリスティックコミュニケーション実践セミナー(http://holicommu.web.fc2.com)も開催している。

日本心身医学会専門医、同評議員、日本心療内科学会評議員、日本死の臨床研究会世話人、日本サイコオンコロジー学会代議員、日本ホリスティック医学協会常任理事、同関西支部長、日本統合医療学会CAM部門評議員。

著書に『心の治癒力をうまく引きだす』『緩和医療と心の治癒力』(以上築地書館)、『「心の治癒力」をスイッチON!』(BAB JAPAN)、共著に『がんの痛みをとる5つの選択肢』(洋泉社)、『ホリスティック医学』(東京堂出版)、『高齢者のこころのケア』(金剛出版)、共訳書に『心理療法・その基礎なるもの』(金剛出版)、『がんの統合医療』(メディカル・サイエンス・インターナショナル)の他、『ラジオ深夜便・CDセレクション~心の治癒力をうまく引きだしたい』(NHKサービスセンター)などがある。