相原 由花(あいはら・ゆか)
役職 株式会社ホリスティックケアジャパン代表
関西医科大学心療内科学講座研究員
英国ITEC認定アロマセラピスト
プロフィール
三重大学教育学部卒業後、10年間大手流通企業の社員教育に携わり、2000年英国ITEC認定アロマセラピストとなる。
翌年2001年より関西医科大学心療内科学講座研究員となり「臨床アロマセラピーの効果と限界」について実践と研究を行っている。
2002年よりアロマセラピストの教育を手がけ、2005年より心療内科クリニック、不妊症専門クリニック、リハビリテーションセンター、総合病院、介護老人福祉施設、調剤薬局に医療と連携したアロマケアルーム「Life touch」を6店舗展開し、統合医療の実践を開始。
2009年2月株式会社ホリスティックケアジャパンを設立し、臨床アロマセラピストの養成を開始。
現在ホリスティックケアプロフェッショナルスクール学院長であるほか、関西医科大学、看護大学、看護専門学校、製薬会社の非常勤講師を務めるとともに2006年4月、兵庫県立大学看護学部に入学。
2010年看護師・保健師となる。 現在神戸市看護大学大学院がん看護学博士課程前期課程にてがん看護学、ホリスティックナーシング研究に取り組んでいる。

株式会社ホリスティックケアジャパン代表/関西医科大学心療内科学講座研究員/英国ITEC認定アロマセラピスト/神戸市看護大学大学院がん看護博士課程前期課程/日本アロマセラピー学会評議員/日本心身医学会会員/日本心療内科学会会員/日本緩和医療学会会員/日本サイコオンコロジー学会会員/American Holistic Nurses Association membership

著書:
「香りとタッチングで患者を癒す臨床アロマセラピストになる―命のそばで寄り添うケアリングとは」BAB出版 2008
「アロマセラピー入門―日々の看護に生かすホリスティックアプローチ」(共著)日本看護協会出版会 2010 <連載>
「相原由花の臨床アロマセラピー」aromatopia 日本フレグランスジャーナル社