堀田 由浩(ほった・よしひろ)
役職 希望クリニック 院長
なごやかクリニック在宅床ずれ往診医
日本在宅褥瘡創傷ケア推進協会理事
日本褥瘡学会評議員
みよし市床ずれ対策事業プロデューサー
プロフィール
昭和63年3月国立三重大学医学部卒業後、一般外科を7年経験した後に形成外科に転向。
1998年6月より厚生連加茂病院で、形成外科を開設すると同時に褥瘡治療に重点を起き、院内だけでなく在宅へも積極的に出向き褥瘡診療に従事する。
クリニカルパスや栄養サポートチームを立ち上げ、総合的な褥瘡治療に努力するも院内の褥瘡患者数は、減少せず、これを打開するため、平成2001年12月から、褥瘡学会初代理事長の大浦武彦先生の協力を得て、日本人のエビデンスに基づく褥瘡発生リスクアセスメントOHスケールを用いた褥瘡予防対策プログラムを導入した。
その結果、5週間で院内褥瘡患者数が34名から7名へと減少し、褥瘡対策プログラムの成果を実感した。
その後、この対策を地域で実践すべく、愛知県三好町(現みよし市)で褥瘡対策事業を平成2004年4月から開始、予防医学の重要性を実感し、褥瘡対策を日本全体に広げるため、全国で講演活動を展開している。

履歴
1988年3月 国立三重大学医学部 卒業
1988年~1989年 厚生連加茂病院 研修医
1989年~1995年5月 厚生連加茂病院 一般外科 医員
1995年6月~1997年5月 形成外科へ転向 社会保険中京病院 医員
1997年6月~1998年5月 名古屋大学医学部附属病院 形成外科 医員
1998年6月~2000年3月 厚生連加茂病院 形成外科 医長
2000年4月~2003年12月 厚生連加茂病院 形成外科 部長
2004年1月~2005年12月 アメリカ アリゾナ大学 統合医療 研修生
2004年4月~2010年6月 三九朗病院 形成外科 部長
2004年4月 愛知県 三好町褥瘡対策事業 プロデューサー 兼任
2008年4月 なごやかクリニック 床ずれ往診医 非常勤
2010年7月 統合医療 希望クリニック 院長

主な著作
日本人の褥瘡危険要因OHスケールを用いた褥瘡予防 日総研出版 2005  大浦武彦先生との共著
OHスケールによる褥瘡予防・治療・ケア 中央法規出版 2013 大浦武彦先生との共著