光野 有次(みつの・ゆうじ)
役職 工業デザイナー
シーティングエンジニア
有限会社でく工房取締役会長
プロフィール
金沢美術工芸大学卒業後、日立製作所デザイン研究所勤務。
1974年~83年 仲間と「でく工房」を東京都練馬区に設立し、障害者のための用具作りを始める。
1983年~88年 重症心身障害児施設勤務。
1985年~86年 スウェーデンで福祉用具と社会福祉システムの調査研究。
1988年~2012年 「ハンディを持つ人の食器・椅子から建物・街づくりまで」を仕事の領域として、無限工房を長崎県諫早市に設立(2012年12月 役職を辞任)。
2003年8月 パンテーラ・ジャパン株式会社設立(現在:顧問)。
2011年4月~ 有限会社でく工房 取締役会長に就任。
国際医療福祉大学大学院非常勤講師も兼務される。(写真撮影者:川上哲也氏)

■主な受賞
ブルーノ・マットソン賞(ブルーノ・マットソン財団/スウェーデン1985年)
朝日社会福祉賞 (朝日新聞社1997年)
国井喜太郎産業工芸賞(工芸財団2000年)など。

【書籍】
「生活づくりのシーティング」共著 雲母書房 2012年5月
「進化する車椅子― パンテーラ」はる書房 2009年
「シーティング入門」共著 中央法規出版 2007年
「みんなでつくるバリアフリー」岩波ジュニア新書 2005年 など