モチベーションを高めて、部下を動かす思考パターン別指導法

株式会社しのコーポレーション代表取締役
元・ANA接遇委員会プロジェクトメンバー
元・特別養護ホーム介護長兼教育室長
介護支援専門員
院内接遇アドバイザー
全米NLP協会プラクティショナー、日本NLP協会プラクティショナー
LABプロファイルプラクティショナー
開催日 2017年5月14日(日)
時 間 午前10時15分~午後4時15分
地 域 大阪
会 場 大阪私学会館3階301~303
講 師 濱島 しのぶ
受講料 10,000円+税
定 員 100名
セミナーコード HS88
割引適用 会員割引(5%割引)
団体割引(2名以上5%割引・5名以上10%割引・10名以上15%割引)
お願い 車で来られる方は、駐車場を各自で確保してください。
昼食は各自でご用意ください。
備考  
講師から受講生のみなさんへ
皆様はこんな経験がありませんか? 職場のスタッフに同じアドバイスをした時、Aさんはうなずきながら納得してくれたけれども、Sさんにはどうも心に届いていないような反応がある……。これは、相手の思考パターンを理解せずにアドバイスをしていることと影響言語に触れずに説得していることによるものです。思考パターンや影響言語は人それぞれ違います。もし、あなたが部下の思考パターンとその見分け方が分かれば、コミュニケーションスキルが飛躍的に伸び、部下指導も円滑になります。


内容
★医療現場の接遇・リーダー研修会★

「モチベーションを高めて部下を動かす!思考パターン別指導法」

1.コミュニケーションで一番大切なこと
※相手の表情や身体を読み取る癖をつけましょう。
あなたは周りの空気が読めますか?空気の読める人と読めない人はどこか違うのかが分かります。

2.スタッフの「こころのスイッチ」を押せ
※誰でも心の中にそれぞれの「スイッチ」を持っています。
そのスイッチは、感情的な反応と密接に結びついています。
相手の心のスイッチを見つけることで、モチベーションを高めたり、相手が落ち込んだ時などに癒すことができます。

3.抵抗をなくすには
※スタッフの価値基準を知ることで、方向性が分かります。
相手と同じ言語を使い会話をすることで抵抗にあうことが、格段と少なくなります。

4.判断基準をどこに置いているのか
※物事を判断するときに、相手がどこの何を基準にしているかを知ることで、説得の方法も変わり、スタッフを納得させたり理解させることができます。

5.部下のパターンで仕事の任せ方を変える
※部下に仕事を依頼する場合、相手の思考パターンを知ることで、うまく誘導する方法を学びます。

6.自分の中のルールと他人のルール
※人が自分自身と他人に当てはめる行動上のルールの違いを学ぶことを知ることで、イライラすることがなくなります。

7.知覚チャンネルと納得モード
※部下が納得するためには、いくつかの知覚チャンネルがあります。
相手が必要とする種類の情報を見つけます。

8.医療現場でよく使うものの言い方(敬語)
※丁寧な言葉を使うことは、患者さまに「あなたを大切に思っています」と伝えることになります。
医療現場でよく使われていることばを、ワンランクアップしてみましょう。

9.人間万事塞翁が馬

※チャンスは不運と感じる裏にもあります。視点を変えて、相手にとりそれがどんなチャンスなのかを考えます。

10.ことばの削除
※人は無意識のうちに言葉を削除しています。ミスコミュニケーションが起こる原因の一つが削除です。削除された部分
を確認していくことでよりよりコミュニケーションが築けます。

☆このセミナーで得るもの
・相手の言動にイライラしなくなる ・部下を動かす影響言語が分かる
・抵抗勢力をなくす ・部下の動機づけのきっかけを見つけられる ・チームワークがとれてくる
・あなたと話すと楽しいと言ってもらえることが多くなる

●●●すべてがワークです。五感を磨きながら、より良い指導者へとチェンジしましょう●●●

★受講された方全員に「受講証明書」をお渡しします★

濱島しのぶ講師の書籍
濱島しのぶ講師のDVD・CD
セミナーお申し込みフォーム

【2017年5月14日(日曜日)】【モチベーションを高めて、部下を動かす思考パターン別指導法】【濱島 しのぶ】【大阪】
【10,000円+税】【HS88】
関西看護出版会員区分 (必須)


会員種別 (必須)

※法人(団体)会員の場合は、下にある「法人(団体)名」も必ずご記入ください。
セミナー参加人数 (必須)
お支払い方法 (必須)

ご希望のご連絡方法 (必須)


書類送付先 (必須)

※会員以外で勤務先に送付希望の場合は、下部の勤務先に関する内容を必ずご記入ください。
お名前(担当者名) (必須)


お名前(担当者名)フリガナ (必須)


ご自宅郵便番号
-  
ご自宅住所
電話番号 (必須)
※市外局番などは必ずハイフン(-)で区切ってください。例0123-12-1234
FAX番号
携帯電話番号
メールアドレス (必須)
メールを受信する端末



生年月日
年   月   日  
年齢
性別 (必須)

職種 (必須)
勤務先名
勤務先郵便番号
-  
勤務先住所
勤務先電話番号
※市外局番などは必ずハイフン(-)で区切ってください。例0123-12-1234
勤務先FAX番号
職責/部署
備考
※感染症(インフルエンザなど)の影響および受講者が20人に満たないときは、中止または延期とする場合がございます。中止の決定は、開催日の10日~15日前を予定(緊急に中止をする場合もございます)。お申し込みをいただいた方全員に、随時ご連絡をさせていただきます。あらかじめご承知ください。